オアシス・ブログ

ブログ

筋肉痛はなぜ起こるの?

いつもオアシスブログをご覧下さいましてありがとうございます。

そろそろ秋の運動会シーズンです♪ 体育の日も近づいていますね。

今日は運動後にやってくる筋肉痛について簡単に書こうと思います。

 

●筋肉痛とは?

一般的に運動後半日以上経過してから生じる、と言われている。

 

●その時筋肉の状態は?

日ごろ運動し慣れないと、筋肉中の筋線維とその周りの結合組織に小さな損傷ができる。

その損傷を修復するために免疫システムが働き出す。

免疫システムで重要な役割を果たす白血球が稼働する。

 (※白血球は体内に入り込んだ風邪の菌やウィルスとも戦ってくれます!!)

白血球の働きにより修復する過程で、炎症や腫れ、熱が感覚神経を刺激し筋肉痛が起こる。

 

こんなことをあらためて書いていると、筋肉痛を起こしている筋線維をちょっと

見てみたくもなります( *´艸`)

 

また、皆様よくご存じなのが”疲労物質の乳酸が原因”という説。

しかしながら、アロマのスクールで教わったことを申し上げますと、乳酸などの疲労物質は

わずか数時間で代謝されてしまうのだとか。。。

ということは、筋肉痛の原因で信憑性がある説は”修復の過程で生じる炎症や熱”のほうですね。

 

アロマセラピストにできることは以下二つ。

①運動直後のケアは、※乳酸などの疲労物質の代謝を促進する精油選びとリンパドレナージュ。

②半日以上経過の筋肉痛には、※修復の過程で起こる炎症や熱を緩和する精油選びと

               筋線維に負担をかけない手技。

運動直後と半日以上経過した筋肉痛では精油選びもトリートメントの仕方も違いますので

いつ運動されて、痛みはどんな感じなのかお気軽にご相談くださいませ(^_-)-☆

 

それにしても、、、

白血球って大したものですね! 免疫システムの司令塔である胸腺から命令を受けるやいなや

『ラジャー(''◇'')ゞ』とばかりにウィルスと戦ったり筋肉中の損傷を修復したりと大忙しです。

そんな白血球に日々感謝したいと思います(^^♪

 アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

DRTを学びたい方へ

DRT少人数基礎セミナーのご案内

 

 

当院で行っている背骨矯正、DRTを勉強したい方へ!

プロ、アマ問いません。

 

DRT(ダブルハンドリコイルテクニック)とは

お茶の水カイロプラクティック

院長 上原宏氏が作り上げた技術です。

矯正と言うと

・ボキボキと骨を鳴らす、強く捻る、

・習得には長年の研鑽が必要

・未熟なまま行うと危険な事故につながる

などのイメージがあるかもしれませんが、

DRTは基礎手順を間違わなければ

どなたでも素晴らしい効果を安全に出すことができます。

 

講師

安孫子 真

DRT協会認定マスターインストラクター

※協会認定のインストラクターにはベーシック、アドバンス、マスターの3段階がございます。

当院講師は最高位であるマスターを取得し、現在も常に最新のアップデートを繰り返しております。

 

JCDC認定カイロプラクティックドクター

 

受講資格

どなたでも。DRTのDVDを受講前に見ておくことをお勧めいたします。

  最大2名まで同時受講できます。

 

受付方法

下記アドレスにDRTセミナー希望の旨をお申し出ください。

詳しい詳細を返信いたします。

通常2営業日以内に返信いたしますが、迷惑メールフィルターなどで受信できない可能性もございます。

返信が遅いようでしたらお手数でしたらお電話でご一報くださいませ。

 

℡044-948-4602

mail このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

 

 

 

 

秋の疲労感に

いつもオアシスブログをご覧下さいましてありがとうございます。

今日は秋分の日。夏も終わり季節の変わり目となるこの時期に

主訴の一つとしてよく挙げられる疲労感があります。

 

なんとなくだるくやる気がおきない。。寝ても疲れがとれない。。急な気温の変化についてゆけない。。

そんな感じはありませんか? 

ちょっと涼しくなってくると今まで暑さに対して構え気味だった交感神経もゆる~くなってきて

副交感神経のほうが優位になってきます。

自律神経のバランスが変化してくるので、思いのほか疲れるのです。

 

疲れやすい秋の入り口はしっかり休息、そしてしっかり睡眠をとりたいですね。

疲労感を感じると脳も疲れて働きが鈍くなり身体の機能の恒常性が保てなってきます(;´・ω・)

今日は雨で肌寒くもあるのでゆったり休息できるアロマセラピーを受けてみませんか?

疲れを回復させるサイプレス、リラックス&リフレッシュのオレンジ、安眠に導くラベンダー

この3つのブレンドを軸に皆様のご希望に合わせてオリジナルブレンドでトリートメントいたします。

 

 アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

★クレジットカードご利用のお客様へ

いつもトータルボディケアオアシスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。

 

クレジット端末入れ替えにつき、下記の期間クレジットカード決済ができなる可能性があります。

まことに恐れ入りますが下記期間中は現金をご用意下さいますようお願いいたします。

 

クレジットカード利用不可となる可能性がある期間

2017年10月1日~10月31日

 

 

 

紅茶、ハーブティーの茶殻で油スッキリ☆

こんにちは!

いつもオアシスブログをご覧下さいましてありがとうございます。 

 

お茶の茶殻で床のお掃除というのは、昔からおばあちゃんの知恵袋的な

再利用法としてよく知られていますね。本当によく汚れや埃がとれるから驚きです。

さて、今日はちょっと似たお話を書きます。

自宅で使用している食器用洗剤はヤシの実洗剤で、他の洗剤と比べると

洗浄力が優しくその分使用量が増えるのでは?とよく聞かれます。

ところが!なんとうちは他のお宅の半分くらいの使用量なのですよ。

それは、紅茶、ハーブティーの茶殻、そしてオレンジやレモン等の皮まで

お皿洗いに再利用しているからなのです(^^)v

油をスッキリさせる力はなかなかのものです。

 

かなり油ギッシュなフライパンやお皿でさえ、新聞や使い終えたペーパータオル

でふき取り、その後お湯で紅茶、ハーブティー、柑橘類の皮で洗うと、

すでに油は切れています。 

その時点で油汚れが気になるようなら洗剤で洗いますが、ほんの少しの量で十分。

やはり最初のふき取りが肝心なのでしょう。

 

スポンジの除菌は熱湯消毒した後外に干しちゃいます。

洗剤の洗浄力や除菌力は優秀ですが、生涯のうち食器用洗剤を2本以上は食べる。

という話を聞いてコワくなり、洗剤の量を減らすことにしました。

飼い猫のお皿も熱湯消毒とお茶の茶殻で洗っています。

ちなみに、、柑橘類の皮でうっかり洗ったら嫌がられました(*^m^*)

 

小さなお子様やペットのいるご家庭にはぜひおすすめしたい再利用法です。

 アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

乳幼児のちょっとした不調には

こんにちは。 

また暑さがぶり返してきましたが、日暮れ時の風には秋が感じられますね^^

 

オアシスには小さなお子様がいるお母さま方のご利用もよくあり

乳幼児の不調について聞かれることがあります。

本格的なベビーアロマトリートメントとなると、

ご自宅で行う事はできませんが、お母さまの手ひとつでできる緩和方法があります。

お子さまの手の指をマッサージするだけですのでどうぞご参考下さい。

 

《生後7か月目~3歳児が対象》

※手のひら側を向けお子さまの様子を見ながら優しい圧で行います。

※マッサージのやり方は二通りの指使いだけ。いずれも”なでるように”がポイントです。

 

~親指~

●下痢→指先を時計回りにゆっくりくるくるなでる。

●嘔吐・過食→指先を手のひらに向かってなでる。

~人差し指~

●夜泣き・イライラ・疳の虫→指先を手のひらに向かってなでる。

~中指~

●ソワソワ・落ち着きがない→指先を手のひらに向かってなでる。

~薬指~

●喘息・多汗→指先を時計回りにゆっくりくるくるなでる。

●咳・痰・便秘・風邪→指先を手のひらに向かってなでる。

~小指~

●おねしょ→指先を時計回りにゆっくりくるくるなでる。

 

いかがでしょうか^^ それぞれの指先に不調へアプローチする経絡が

ありますが、くるくる、なでるの違いだけですね。

手のひらの方向になでるのは、第二関節くらいまでで結構です。

イヤイヤ期真っ只中のお子さまは、イヤイヤが少し落ち着いた頃にでも

「魔法のくるくるだよ♪」とスキンシップをされると良いかも♪

 

不思議なことに、乳幼児は足裏よりも手のひらの方が反応が良いようです。

手なら場所を選ばず気軽にできますね。

ぜひお試しになってみてください。

 アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

熱中症になってしまいました(+_+)

今年の夏は、いつもと違いますね。

カラッとした日が少ないです。

まだ梅雨が続いているような天候ですよね。

本日は、太陽が少し顔を覗かせる時間帯もあったかと思うと

また曇り空。ムシムシと暑いです。

これから雨が降るという予報も出てるようですよ。

今日も湿気が多いです(+_+)

 

昨日、リビングのエアコンの調子が悪かったので、曇り空のムシムシする中、

エアコンの掃除と部屋の掃除をしていたら

なんだか頭が締め付けられる感覚…。息苦しい・・・。

あれ・・・と思っていたら頭痛がしてきて、吐き気まで。

 

7月12日(土)のブログに書かせて頂いた「熱中症」に

私、なってしまいました( ;∀;)

 

家にイオン飲料があったかナ・・・とこめかみに手を当てながらキッチンで

ガサゴソ。

ポカリスエットの粉末があったので通常より薄めで作って氷は入れないで

飲みました。

 

ペパーミントのハーブウォーターで、顔と腕、脚にスプレー。

エアコンが使える部屋に移動し涼しくして横になり、回復しました。

 

アロマのジェルの作り置きがなかったので、試せず

残念だったのですが、まさかなってしまうとは…。

こまめに水分補給、涼しい服装、休憩しながら・・・が、

大事でした(-_-;)

今日は、元気に復活しています。

 

みなさま、頭が締め付けられる感じがしたらお気をつけくださいね。

 

アロマの空きがございます。

ぜひ、アロマの香りで気分爽快に・・・。

 

お待ちしています。

 

アロマスタッフ   タツミ

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

精油の代謝ルートは?

こんにちは。お盆休みいかがお過ごしですか?

日頃お忙しい方は十分リラックスして下さいね。

 

今日は、精油が体にどのように入り出て行くのか書いてみたいと思います。

精油は空気中に揮発した小さな分子となって我々の体内に入ります。

そのルートは3つ。

●鼻から大脳へ ●肺から血液へ ●皮膚から血液とリンパ液へ

 

さて、体内に入った精油はどのようにめぐって出ていくのでしょうか?

私が最初に精油と出会った時、まさにこの部分が興味をそそられたところでした。

いわゆる代謝ルートです。

精油成分は鼻から大脳へのルート以外は血液中に取り込まれます。

そこから血中をめぐり様々な組織に影響を与えていきます。

それが精油の薬理作用といわれるものですが、濃度や体質に十分気を付けないと

時に悪くも影響してしまいます。

それ故精油の取り扱いには注意が必要なのです。

最終的には肝臓で分解されてその後腎臓で濾過され、尿、汗、便、呼気

のなかに排泄されると言われています。

 

小さな小さな香りの分子が血液とリンパ液に入りこみ体内をめぐり

役割をはたして旅を終えるころには、、、

私たちの心と身体はリセットされていることでしょう♪

 アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

8月8日火曜日は休業いたします。

いつもオアシスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。

火曜日はカイロの定休日、8日はアロマも臨時休業させていただきますので、

オアシスの休業日となります。

アロマメニューご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが

9日水曜日以降お待ちしております。

 

  アロマスタッフ 平良(たいら)

 

  

 

植物の副産物である精油☆まだまだ未知数です

今日も暑い中オアシスへご来店下さいまして誠にありがとうございます!!

本日はカイロが休業ですので、アロマのみの営業です。

 

オアシス以前にこれまでアロマサロンはじめ、整骨院や鍼灸治療院、

クリニックのアロマルームでも施術をしてまいりました。

ずっと感じていることは、補完代替療法としてのアロマセラピーは

まだまだ伸びしろがたくさんあり、まだまだ未知数だという事です。

 

精油の薬理作用が我々人間や動物にもらたす影響は、計り知れない部分があり

症例などのデータで表しきれないところがあるのだそうです。

アロマセラピストの私としては、そこにロマンを感じていますので

毎日ワクワクしながら精油の可能性に注目しています(#^.^#)

 

少し話はズレますが、

地球誕生が46億年前。地球上に初めて生き物が誕生したのが35億年以上も前。

(そう、35億(^_-)-☆キラ~ンなのです♪)

その最初の生き物は動物とも植物ともつかない単純な構造の生き物だったそうです。

そしてナント!34億年も前には植物の先祖となるものが現れ、

すでに光合成の働きをしていたというから驚きです!!

人類誕生の歴史は400万年といわれているので、植物様は人類よりも

大先輩なのですね。

 

精油の原形は古代エジプト時代からミイラを作るにあたり使用されていました。

100%天然の植物から抽出された精油の力を借りて、今日も皆様のお体や

心を本来の状態へリセットするよう努めます(*^-^*)

  アロマスタッフ 平良(たいら)